ガラス表面への新規ナノ構造形成法を開発

ガラス板

これまでに、ガラスやフィルムの表面にナノ構造を形成し、光学機能等を発現・制御する研究開発が世界中でなされてきた。光学的に優れた機能を発揮できる一方で、大面積化・製造コストの低減等が課題となっており、より一層の普及に向けた取り組みがなされている。

国立大学法人北見工業大学と国立大学法人北海道大学、旭硝子株式会社の共同研究グループは、シリカ(SiO2)ナノ粒子をガラス表面の目的箇所に選択的に積層し、ナノ構造を形成することに成功した。

本研究は、最も普及しているソーダライムガラスへのナノ構造形成法として、工業的にも連続生産に適した手法であり、よりいっそうの大面積化や製造コストの低減が期待されている。

ガラス表面へのナノ構造形成に成功
~SiO2ナノ粒子を目的とする場所に選択的に積み上げる手法を構築~

北海道大学ニュースリリース
(2016.6.14)

応用としては、太陽電池のカバーガラス等の反射防止膜や、次世代の光メモリーとして注目されているホログラムメモリー等があげられる。さらなる実用化に向けた開発が期待されている。

【ウェブサイト】

北海道大学プレスリリース(2016.6.14)[PDF]