ナノ粒子の市場動向(2021年最新版)

ナノ粒子の市場動向に関するニュースを紹介します。

ナノ粒子は、ナノテクノロジーの進展に伴い、最近とみに需要が高まっている材料です。特に医療やエレクトロニクス分野においては、先端技術を支える基幹部材としてなくてはならない存在で、世界GDPの成長率を大きく上回る10%以上の年平均市場成長率が見込まれています。

金ナノ粒子市場

金ナノ粒子市場は2026年までに15.2億米ドルに達する見込み

(2021.8.11 SankeiBiz)

医療用途への応用拡大や、エレクトロニクス産業の世界的な拡大を背景に、金ナノ粒子の世界市場は急速に成長しており、2026年までに市場規模は15.2億米ドルに達し、この期間の年平均成長率(CAGR)は10.2%と予測されている。

画像 : 金ナノ粒子の世界市場は、2026年まで…

カーボンナノチューブ (CNT) 市場

カーボンナノチューブ (CNT) 市場は2026年までに17.1億米ドルにまで成長する見込み。CAGR14.4%と予測

(2021.5.17 Global Information, Inc.)

エンドユーザー産業別でリチウムイオン電池や電気化学キャパシタ、燃料電池などのエネルギー分野の需要が成長を牽引、市場規模は2021年の8.8億ドルから2026年には17.1憶ドルと5年でほぼ2倍に、期間中の年平均成長率(CAGR)は14.4%と高成長が予測されている。

カーボンナノチューブ (CNT) の市場規模は予測期間中14.4%のCAGRのCAGRで推移し、2021年の8億7600万米ドルから、2026年には17億1400万米ドルの規模に成長すると予測されています。 エンドユーザー産業別では、エネルギー&ストレージの部門が2020年に最大の規模を示しています。同部門に...

医療向けナノ材料市場

「個別化医療向けナノ材料:世界市場2025年予測」市場調査

(2021.3.30 リサーチステーション)

個別化医療向けナノ材料の世界市場規模に関する調査レポートがリサーチステーション合同会社より発表された。それによると2020年の市場規模は2538億ドルで、2025年には約1.65倍拡大し4200億ドルに達するとの見通し。年平均成長率(CAGR)に換算すると約10.6%。

ナノ粒子導電性インク市場

ナノ粒子導電性インクの市場調査

(2021.2.22 omochaya3.com)

Spire Market Research社の市場調査研究(Global Nanoparticle Conductive Ink Market Research Report 2021-2027)を紹介。

世界の ナノ粒子導電性インク市場 に関する最近投稿された調査研究は、国際的なナノ粒子導電性の洞察に満ちた要約とより深い情報に光を当てる責任がありますインク市場。また、世界のナノ粒子導電性インク市場レポ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク