ナノ粒子とは

森林(自然のエアロゾル(ナノ粒子)を放出するとされている)

ナノ粒子とは、ナノメートル(百万分の1ミリメートル)オーダーのきわめて微小な粒子です。

素材をナノサイズ化することにより、さまざまな機能を発現できるため、幅広い産業分野に応用が期待されています。

通常は100nm(ナノメートル)以下の大きさの粒子を指す場合が多く、当研究会においても、粒子径が1~100nmの粒子をナノ粒子と定義し、研究対象としています。

ナノ粒子のサイズの目安

細かな粒子といえば、身近なもので花粉や片栗粉(でんぷん)があげられます。しかし、これらの粒子と比べても、ナノ粒子はずっと小さいサイズです。

例えば、スギ花粉のサイズは約30μm(=30,000nm)、片栗粉は2-50μm(=2,000-50,000nm)なので、ナノ粒子(1-100nm)がずいぶん小さいことがわかります。

1,000,000nm(=1,000μm)(=1mm)

粒子

100,000nm(=100μm)

微粒子

100nm(=0.1μm)

ナノ粒子、超微粒子

1nm

クラスター(数個から数百個程度の原子の集合体)

ナノ粒子はサイズでの定義となるため、構成物質は多岐に渡ります。
例えばナノ粒子を構成する物質が、

・金属の場合、金属ナノ粒子
(ex:金ナノ粒子、白金ナノ粒子、銀ナノ粒子、銅ナノ粒子、…)

・酸化物の場合、酸化物ナノ粒子
(ex:酸化鉄ナノ粒子、酸化亜鉛ナノ粒子、酸化珪素(シリカ)ナノ粒子、…)

・窒化物の場合、窒化物ナノ粒子
(ex:窒化珪素ナノ粒子、窒化アルミニウムナノ粒子、…)

・有機ポリマーの場合、ポリマーナノ粒子
(ex:ポリスチレンラテックスナノ粒子、アクリルナノ粒子、…)

などと呼ばれ、非常に多くの種類の「ナノ粒子」が存在しています。

ナノ粒子の機能性
ナノ粒子の機能~超微細な微粒子の不思議なチカラ~ 「ナノ粒子」は、その小ささゆえに、普通の粒子には無いいくつか...