120°Cで焼結可能な高純度銅ナノ粒子

nano_170219_1

太陽日酸株式会社(tn-sanso.co.jp)は120℃という比較的低温で焼結する高純度の銅ナノ粒子を開発、サンプル提供を開始するとのこと。

120℃で焼結する高純度銅ナノ粒子を開発
   2017.2.9 大陽日酸株式会社ニュースリリース[PDF]

同社は独自の還元雰囲気中での火炎法による、各種金属ナノ粒子の合成技術の開発を行っている(参考:太陽日酸技報HP)。

今回開発に成功した銅ナノ粒子は、表層が亜酸化銅で被覆された粒子径約100nmの乾粉で、有機保護層がないため比較的高純度で、かつ空気中でハンドリングしやすいナノ粒子とのこと。

銅ナノ粒子は比較的安価で、マイグレーションも起こりにくいため、プリンタブルエレクトロニクスの配線材料として期待されている。

”印刷”されたナノ粒子が配線として機能するには、ナノ粒子一つ一つが融着などによって導電パスを形成し、電気を通りやすくする熱処理が一般的に必要とされている。今回の成果で、熱処理の温度を大幅に低下させることができれば、熱に弱い安価なプラスチック基板やフィルム等への微細配線形成材料として大いに期待されるため、一層の開発がのぞまれている。