金属アレルギー発症には金属ナノ粒子が関与の可能性

大阪大学の研究グループによると、金属アレルギー発症のメカニズムについて、金属イオンから生体内外で生成する金属ナノ粒子が金属アレルギーを引き起こす可能性を見出し、世界で初めてマウスでの実験モデルを確立したとのこと。

金属アレルギーの発症には、金属イオンではなく、金属ナノ粒子が引き金となり得ることを見出すとともに、ヒト金属アレルギー病態と一定の免疫学的共通性を有する金属アレルギーモデルを初めて確立した。

大阪大学プレスリリース(2016.6.10)

金属アレルギーはアクセサリーや時計などの金属製の装飾具に接触する皮膚などに見られ、汗などで溶けだした金属成分が何らかの影響を及ぼしていると考えられていたが、その詳しいメカニズムはよくわかっていなかった。

今回の成果により、金属アレルギー発症のメカニズムの解明が進み、金属アレルギーの予防法や治療法確立に向けた開発が進むことを期待しています。