プラスチックフィラー向け微粒子材料の製造・販売メーカー

プラスチックには色々な機能を付与するために各種添加剤が含まれている。

中でも、粒子状のものや繊維状のものは、「フィラー」と呼ばれ、プラスチックの機能別にさまざまなものがあり、添加されている。

ここでは代表的な機能と、粒子の種類、製造しているメーカー等を紹介する。

機械特性向上(補強)用微粒子

プラスチックの機械的特性(引張強度や曲げ強度、耐衝撃性など)の向上を目的に添加するフィラー。主に平板状、繊維状のアスペクト比の高い微粒子が用いられている。

カーボンファイバー

炭素繊維。ポリアクリロニトリル繊維から製造されるPAN系カーボンファイバーとピッチから製造されるピッチ系カーボンファイバーがある。

東レ(PAN系)
三菱ケミカル(PAN系/ピッチ系)

グラスファイバー

日東紡
セントラルグラスファイバー

マイカ粒子

日本マイカ製作所
トピー工業
岡部マイカ工業所

増量用微粒子

樹脂の増量に用いられる。通常、プラスチックよりも安価、豊富で入手しやすく、樹脂に対して悪影響を及ぼさない微粒子が用いられる。

炭酸カルシウム粒子

宇部マテリアルズ
カルファイン
丸尾カルシウム

シリカ粒子

アドマテックス
トクヤマ
日本シリカガラス

高熱伝導フィラー

宇部興産(AlN)
昭和電工(アルミナ)
住友化学(アルミナ)
大明化学(アルミナ)
東洋アルミ(AlN)
トクヤマ(AlN)

断熱フィラー、軽量フィラー

空気を含む中空粒子が軽量化に寄与。
その意味では、空気などのガスがフィラーとして有効(例:発泡スチロール)

中空シリカ微粒子

中空ガラス微粒子

シラスバルーン

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク