マイクロプラスチック、ナノプラスチックの問題点と対策

近年、マイクロプラスチックやナノプラスチックの生物への影響が問題となっている。

プランクトンや海洋生物の体内から、これらの微小なプラスチックが検出されており、食物連鎖による濃縮の結果、魚にマイクロプラスチックが蓄積され、魚介類を食べる私たちも知らず知らずのうちに微小プラスチックを取り込んでいるのではないかとの懸念が出始めている。

マイクロプラスチック(MP)、ナノプラスチック(NP)とは

不法に投棄されたり、不適切な廃棄物処理によって河川や海洋に流れこんできたプラスチックゴミが、太陽の光や海水、波の影響を受けて細かくなったものの総称。

マイクロプラスチック(MP)とナノプラスチック(NP)は、大きさで分けられ、

・MP:100nm~5mm
・NP:100nm以下

が大きさの目安とされている。

主な発生源は不適切に処理されたプラスチックごみ。川に不法投棄されたプラスチックは、海まで流され、海洋上を浮遊する。長時間太陽光にさらされ、波にもまれながら風化して細かくなり、マイクロプラスチックへと変化する。

MP、NPの何が問題なのか

一つ目は、海水中の有害物質がMP、NPの存在によって海洋生物に取り込まれやすくなるという点である。

海を漂うプラスチックは、海水中に極微量に存在するPCBなどの難分解性の有害物質を吸着しやすく、プラスチック表面で有害物質の蓄積がおこりやすい。特に粒子径が小さいナノプラスチック(NP)は表面積の占める割合が大きいため、プラスチック重量当たりの吸着量は多くなる。

さらにNPは、粒子径が極めて小さいため食物連鎖の下位の方に位置するプランクトンに摂取されやすく、そのプランクトンを魚が食べることによってPCBなどの有害物質の濃縮が食物連鎖の過程で起こりやすくなる。

そして食物連鎖の上位にいる私たちが、これらの魚を食べることによって人体に受ける影響が懸念されている。

もう一つは、プラスチック自体に含まれている有害物質が、MP、NPとして生体内にとりこまれた後、体内に放出される懸念がある点である。

プラスチックの種類によって異なるが、プラスチックの中には、性能改善のためのいくつかの添加剤が含まれている。例えば、耐候性を上げるための紫外線防止剤や酸化防止剤、着色のための顔料、柔らかさを調整するための可塑剤などである。これらの添加剤の中には、過去に有害性が認められたため使用が禁止になった化学物質があり、昔これらの有害な化学物質を使用して生産されたプラスチックが長い年月を経て海洋中を漂い、MPやNPになっている可能性がある。

通常の使用であれば(表面積が小さいために)有害物質の染み出しの問題がなくても、細かくなり表面積が大きくなるとプラスチック中の添加物の溶出が大きくなるため、添加物に有害物質を使用していた際の影響が大きくなってしまう。また、ナノ粒子のように微細なものは、細胞膜の隙間をすり抜けて、細胞内に浸入する可能性もあるために注意が必要である。

今後の対策

しかしながら、MP、NPの影響は、まだ不明な点が多く、さらなる調査が必要である。

どの海洋生物中にどれくらいの量のNP、MPが存在するのか。場所によってどれくらいの違いがあるのか。吸着している有害物質の種類と量はどれくらいか。生体への影響はあるのか。あるとすればどの程度か。これらの調査の進展が注目されている。

そして同時に、これ以上、海洋へのプラスチックごみが放出されないようにすることも大切である。

ヨーロッパを中心に、微小なプラスチック粒子であるマイクロビーズの使用を制限する動きが出はじめている。マイクロビーズは私たちの身近なところでは歯磨き粉やスクラブ効果のある洗顔料など、広く工業製品に使われている材料である。

このマイクロビーズが、小さいため下水処理の際に処理しきれず河川に流出したりすることを心配して、英国やフランスなどで規制されはじめている。

最近では、マクドナルドやスターバックスがプラスチックストローを廃止する方向で検討していることがニュースになったが、世界的に関心が高まっている状況である。

但し、プラスチックのリサイクル推進や各種規制、適切な廃棄・処理方法の遵守、不法投棄の撲滅など、日本も含めそれぞれの国や各企業だけではどうしようもない問題であり、世界の国々との連携が必要とされている。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク