秋のイチョウ

ナノ粒子応用研究会は、ナノ粒子の合成・機能化および各種製品への応用に従事する研究者を中心とした専門家により構成される研究組織です。

科学者の相互交流による有機的ネットワークから、革新的ナノ技術が生み出されるのを期待して、また、次世代を担う科学者の卵たちの養成を目的に、2001年に数名の大学若手研究者によって設立されました。

ナノ粒子の合成や分散といった基盤技術から、ナノ粒子の複合化や塗布・配列、工業製品への応用といったアプリケーションまで、幅広いテーマを扱う本研究会も今年で16年目を迎えます。今後もナノテクノロジーをコアに、ナノ粒子の安全性や環境技術への応用など、「人・地球に優しい技術」をテーマに進化し続けます。

ナノ粒子応用研究会事務局

連絡事項

2016.10.22 日仏ナノ粒子勉強会のお知らせ(会員サイト)。
2016.10.20 サイト更新完了しました。
2016.07.01 メンテナンスのため8/11-8/15の間、会員専用ページを停止します。
2016.06.18 秋季定例会のお知らせ(会員サイト)。